栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォームなら伴工務店

Read Article

お問い合わせはこちらへ

電話028-648-7326

FAX028-649-0283

杉の床ってどうなの?

2019年7月3日 赤口

 

宇都宮界隈は、曇りですが時々薄日が差す空模様で過ごしやすい1日...

 

娘のスイミング

5級に合格しました
お友だちにかなり遅れをとっていましたが、だんだん追いついてきている?
一歩一歩ですが階段を上っていっています
継続は力なり...ガンバレ!!

 

宇都宮市 U邸新築工事 2世帯住宅(建て替え)家づくり中

2か所ある玄関ポーチ庇の軒天、杉羽目板が張り終わりました

 

2階の床
床板の割り付けをして、リビングダイニングから床を張り始めました

 

とちぎ八溝材の杉特等(節有)のフローリング
栃木県民の私は杉がとても好きです
杉、杉っていうけれど、杉の床ってどうなの?ということで...
杉材と言えば、日本を代表する最もポピュラーな無垢材です
特にとちぎの杉材はすこぶるいいんですよ
そこで、まずはデメリット、「柔らかいので傷つきやすい」
柔らかいので直ぐに凹むし、とても傷がつき易いです
ですが、柔らかいので逆にある程度の補修が出来るんです
ということもありますので、 傷や凹みが気になる方には、お勧めできないというのが正直なところです。
あと、わんちゃん、ねこちゃんのようなペットと暮らす方
また、車いすや歩行器などをお使いのご家庭には不向きかと思います。
デメリットばかりじゃ...ということで
メリット、「柔らかくて温もりがある」
杉は空気を沢山含んでいるんです
ですので、素肌で触れると肌触りが良く温もりを感じられ、衝撃を柔らかく受け止めてくれます
お子さんにはピッタリじゃないですか~
ちなみに他の床材と表面温度は同じです
空気を沢山含んでいるので、温かく感じられるっていうことです
結論...
勿論デメリットはありますが、メリットの方が多い杉の床板を使いませんか?

 

 

 

Return Top